耐震について

総数3件 1

耐震へのこだわり


現在の建築基準法の耐震性(耐震等級1)は、震度6強から震度7程度に対しても倒壊などの被害を生じないレベルと表現されています。

ただ、国土交通省の外郭団体が行った、阪神大震災と同じ振動を加えての実物実験では、
基準法通りに作られた住宅は、倒壊こそしなかったものの大きく傾き、今まで言われていた『基準法をクリアしていれば大丈夫』とは言えない実験結果が出ています。

耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
※受託性能評価・表示協会による「新築住宅の住宅性能表示制度ガイド」より

●等級1 極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性
●等級2 等級1で耐えられる地震による力の1.25倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性をもつ
●等級3 等級1で耐えられる地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性をもつ



つまり、建築基準法に定められた耐震強度を守って建てた震度6強〜7程度で倒壊しないことを目標に定めているはずの国の耐震基準が、巨大地震への備えとして十分でない可能性が浮かび上がったのです。

「耐震等級3だからといって安心ではない」

だからこそ基準法(等級1)の1.5倍の耐震性とされる耐震等級3は必要なのです。
さらに、耐震等級3であれば、地震保険も半額となります。保険会社の視点からも地震に対するメリットも得られるのであれば、それを選択しない理由は無いと考えています。

耐震等級3だからといって安心ではない! だからこそ「超制震全体フレーム」

耐震等級3で安心できないというのは、他にも理由があります。建築基準法で定められているのは「1度目の大地震」に対しての基準です。なので、厳密にいうと、1度目の大地震を耐えた家屋は「耐震等級3」ではなくなるのです。つまり、余震で2度3度大きく揺れが起こった場合、家は倒壊する可能性が高くなっていくのです。
「ならどうすればいいのか?これ以上の耐震性能は望めないのか?」

アウェイクホームでは、高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性テープを建物内部に取り付け、繰り返す地震の揺れを抑えます。通常のダンパーとは違い、テープ状になっているので建物の一部ではなく全体をダンパーにして揺れを吸収させてます。又、巨大地震では上下左右の揺れから基礎が破断し、柱が「ハ」の字となり家屋バランスを崩して倒壊します。
そこで
『強化型基礎+超制震全体フレーム』の複合耐震バランスで
ご家族の命を守ります!

超制震全体フレームとは?



高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を、躯体外周全面に取り付けることで建物の揺れを吸収させます。
この制震工法を用いることにより、繰り返しの地震の揺れを各段に小さくすることができます。また、通常のダンパーとは違い、建物の一部分だけでなく建物全体をダンパーにしています。

「そんなに何度も何度も大きな地震に合うことはないだろう・・・」と思っていませんか?

あの東日本大震災では、M6.5以上(または震度5弱以上)の余震がなんと96回も起こっています。
日本は地震大国で、5年に1度は大きな地震が起きている状況です。
南海トラフも心配される昨今、「地震に強い家」を建てることは「家族の笑顔」を守ることなのです。

アウェイクホームは、より安心を確実なものにして「地震から家族を守る家」をつくります。




総数3件 1

HOME > 耐震について